焼肉・ホルモンつるかめ錦糸町

錦糸町駅南口から徒歩5分。朝まで営業!!安全安心な和牛を中心とした焼肉・ホルモンをリーズナブルに楽しめる、「味と鮮度にこだわった専門店」つるかめです。

2015年12月


いつもご愛顧頂きまして誠にありがとうございます
皆様のお陰で本年も大盛況のうちに終わる事が出来ました
ってまだ1日営業が残ってますが笑

本年も常連さんからご新規のお客様まで幅広くの方々につるかめをご利用頂き、
たくさんの方とお話しできてとても充実した1年でしたー

今夜はもうカウントダウンが各地で行われますね
image
皆さんにとってはどんな1年でしたか?

いろんな事があったと思いますが、振り返ってみるとあっという間の
1年だったのではないでしょうか
「今年も新年がスタートしたね!」とついこの前2015年が明けたと思ったら
もう2016年が目の前にきています

image

来年も変わらず元気でお互いお会い出来るように頑張りましょう
つるかめはお正月も休まず元気に営業しますので、
おせち料理に飽きたらw
いや飽きなくてもw
いつでもどうぞお気軽にお越し下さい 

つるかめスタッフ一同
皆様のご健康とさらなるご多幸をお祈りしております⭐︎
良いお年をお迎え下さいね

本当に1年間お疲れ様でした
ありがとう2015年


皆さんお疲れ様です〜
今年もあと2日で終わりですよ 
いやぁ、12月は本当にあっという間に過ぎますねw

皆さんはもうお休みに入られて、家でグータラしてますか? 笑
image

今日は家でゆっくりされている方に拍車をかけるグッズを紹介します

http://shopping.yahoo.co.jp/matome/article?id=26058&sc_e=ytec_comm_pctop_a

けっこうアイデアグッズがたくさんありますよ
これがあったら布団から出られないかも!っていうグッズもあります笑


ただ皆さん、、、
食べて寝るを繰り返すと……
太ります

正月くらい、まぁいっか笑

皆さんこんにちはー

今日から世間は年末のお休みですよね〜

もう飲んでる方もいるかもしれませんが笑

今朝のニュースでちょっとビックリしました

なんと、宝くじ2000枚が落し物として届けられたそうです
image


9月の関東・東北豪雨で大きな被害を受けた栃木市の市役所に28日、全国自治宝くじ(年末ジャンボ宝くじ)2000枚(60万円相当)の「落とし物」があった。

栃木県警栃木署によると、28日正午ごろ、60代くらいの女性が「市役所の駐車場エレベーター内で拾った」と市職員に紙袋を届けたという。
袋には宝くじとともに、2通のメモが入っており、栃木市長宛てには「宝くじが当たりましたら、大豪雨災害の被災者にお使いください」、市農林課宛てには「大豪雨災害の農家の方々のためにお使い下さい」と書かれていたという。
市は拾得物として同署に届け出たとの事です

本当に当たってほしいですね
心が温かくなる話題でした


皆さんおはようございます☀️

こんな怖い記事を見つけてしまいました
錦糸町駅のホームがホラーすぎて怖いと、今話題になっていると

実際の利用客によると「ショックを受けるほど怖い」とのこと

これは
一人で見ないほうがよいかもしれません……

http://buzz-plus.com/article/2015/12/22/jr-kinshicyo/ 



僕も錦糸町駅をよく利用しますが今まで知りませんでした。

これを知ってしまったら夜や薄暗い時間帯に駅へ行くのがなんだか怖くなりました


この記事を見てしまった方、、、
今夜あなたのところに現れてしまうかもしれませんよ…… 


皆さんお疲れ様です

いよいよ本日は1年の集大成、お待ちかねの「有馬記念」
みな注目のG1レースですね🏇

image

またまた、馬券をお持ちの方は来店時にご提示でドリンクサービスしちゃいます

この有馬記念とは、
1955年(昭和30年)まで、暮れの中山競馬場では中山大障害が最大の呼び物であったが、
東京優駿(日本ダービー)などと比べ華やかさに欠けていたことから、当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧が中山競馬場の新スタンド竣工を機に「暮れの中山競馬場で日本ダービーに匹敵する大レースを」と提案。
当時としては他に類を見ないファン投票で出走馬を選出する方式が採用され、1956年(昭和31年)に「中山グランプリ(なかやまグランプリ)」の名称で創設された。

しかし、第1回中山グランプリの興奮も冷めやらぬ1957年(昭和32年)1月9日に創設者の有馬理事長が急逝したため、有馬の功績を称えて第2回から「有馬記念」に改称。
以来、中央競馬の一年を締めくくるレースとして定着した。
施行場は創設時より中山競馬場で変わっておらず、施行時期も12月下旬で定着している。

地方競馬所属馬は1995年(平成7年)から出走が可能になった。
外国馬は2000年(平成12年)から2006年(平成18年)まで、当該
年度のジャパンカップ優勝した馬のみに出走資格が与えられていた。
2007年(平成19年)からは国際競走となり、外国馬の出走枠も6頭に増やされたそうです

今年の栄冠は誰の手に

image

皆さんの勝利を祈ってます

このページのトップヘ