焼肉・ホルモンつるかめ錦糸町

錦糸町駅南口から徒歩5分。朝まで営業!!安全安心な和牛を中心とした焼肉・ホルモンをリーズナブルに楽しめる、「味と鮮度にこだわった専門店」つるかめです。

2015年08月


皆さんこんばんはー

雨の日が続いてちょっと萎えそうな今日この頃☔️

今日はホルモンのチョットした話を

戦前の日本では内臓肉を食べる習慣がほとんどなく、内蔵は捨てていました。
では、なぜ現在のように日本人が焼肉等で内臓肉(ホルモン)を食べるようになったのでしょうか。

歴史は20世紀初頭にまでさかのぼります。

当時日本に住んでいた、韓国や朝鮮の方々は、母国に古くから伝わる
多彩な肉食文化の技術を応用し、日本人が捨てていた内臓肉(ホルモン)を
うまく料理し、美味しく食べることに優れていました。

image


戦後、彼らの中に鶴橋周辺(大阪市生野区)に定住し、商売を始める人々が現れていきます。
それによって鶴橋周辺に多くの韓国食材や衣料品、生活用品を扱う店、
焼肉店が立ち並ぶようになります。

それ以降、時を経る中でその数がどんどん増えていき、現在のコリアタウンや
国際マーケットへと発展してきたようです。

戦後になると、日本人も闇市等で牛の内蔵を口にするようになり、その美味しさを知って
徐々に日本人にも広まり始めていきます。
そのうちに現在の焼肉のスタイルで内臓肉(ホルモン)を提供するお店が現れ、
段々と全国に広まるようになってきました。

image

一般的に内蔵肉(ホルモン)の焼肉をホルモン焼きと言いますが、由来はご存知ですか?
諸説ありますが、よく言われているのは
ホルモンとは大阪弁で捨てる物の事を「放るもん」と言います

前述したように戦前の日本では内蔵は捨てていました。
つまり大阪弁で言えば放(ほか)していたんです

「放すもん」→「放るもん」→「ホルモン」という風になり、
現在の「ホルモン」という名称が誕生したと言われています
ただこの説には賛否両論があり、真相は定かではありませんが、
先人たちの伝承で現在まで伝わっているものなので、
白黒はっきりつけないのも、粋な事ではないかと思います

参考までにその他の説の一例
ドイツ語のphysiologisch Hormon(動物の生理ホルモン)からスタミナのつく栄養豊富な物という事で名付けられたという説もあります。

いろんな説がありますが、信じるか信じないかはあなた次第です笑 


皆さんこんばんはー
今週も張り切って営業しているつるかめですよ


そうそう、食べログの料理写真ページですが
今まで写真のなかった料理も多かったので、改めて写真を追加しました
image01
美味しいお肉の写真もいっぱいあります
また、お得なクーポンなどの情報も満載なので、ぜひ見てください

詳細はこちらをクリック
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13171238/dtlphotolst/1/smp2/


毎度ありがとうございます
つるかめより速報です

何と、入荷が間に合っていなかった「クロタン」が
遂に入荷しましたーーー
image

今まで泣く泣く、ごめんなさいを言わざるを得ませんでした

ただ、数量が多くはありませんので超早い者勝ちです
いつ売り切れるか分かりませーん


この極上の牛タンを食べられるラッキーなお客様はどなたでしょう?o(^▽^)o
image

次の入荷もまだ未定となっていますので、このチャンスは大きいですよ
並タンや上タンと食べ比べてみるのも面白いです


皆さんこんばんはー

だいぶ涼しくなってきましたね
ちょっと過ごしやすくなりましたが、油断は禁物ですよ 
お身体には十分気を付けて下さい

さて、ここ最近ニュースを賑わせているJR🚃
また火災が発生する事件が起きてしまいました

image

鉄道は多くの方が利用する身近な交通機関なので100%他人事とは思えません
昼間であれば明るいので、場合によっては歩いたり他の交通機関を利用したりと方法は
多いですが 、夜に事故が起きてしまった場合は困りますよね
少しでも早く改善と対策をしてほしいです

もし錦糸町近辺で交通機関の事故に巻き込まれてお帰りに困った際でも、
つるかめは明け方まで営業しておりますのでお立ち寄り下さい

安全な毎日が1番ですけどね


皆さんこんばんはー
今日からまた元気よく営業しまーす

さて、休み明け一発目はおススメ塩系のお肉から

まずは、ホホ(ツラミ)
image

ツラ(面・頬)の身が語源となっているほっぺたのお肉です
程よく脂がのっていて、食感もサクサクとしているので塩がよく合う部位です

続いて、つるかめ自慢のハツ
image

こんな厚切りのハツは見たことないというお声を多数頂きました
また内臓の臭みもとっているので、安心して食べれます
お客様からのリピート率もダントツ
皆さんも一度お試しあれ。

そして、ゲタカルビ
image

カルビの中でも人気の高い部位です
入荷する量も少ないので、早い者勝ちです
しつこくない脂の旨味と柔らかさは感動を運んで来ます

塩系のお肉はアッサリしているので、お酒も進み、〆も食べれちゃいます
たまには塩系のお肉で攻めてみるのもオツですよ


食べログページにもお得な情報が満載です
詳しくはこちらをクリック
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13171238/

このページのトップヘ