皆さんおはようございまーす

昨日ことわざのお話を少ししましたが、有名なことわざが一つありますよね

そう、1富士 2鷹 3茄子

初夢に見ると縁起が良いとされているものですね〜

image


実はこのことわざには続きがあったのを知ってますか?

僕も調べて初めて知りました笑

それでは順に紹介します



江戸時代からのことわざで、由来は諸説あるそうですが、将軍徳川家康に縁の深い駿河の国(静岡県)の名物を、日本最高峰の富士山、富士に棲む名鳥の鷹、他国よりも早く産出するがも初茄子を並べたとされる説が有力だそうです。

他に、駿河の国で高いものを並べたという説、「富士」が「不死」に通じるので不老長寿を意味し、鷹は「高、貴」と通じるので出世を意味し、茄子は実がよくなるので子孫繁栄を意味するという説もある。

初夢は元旦の夜あるいは二日の夜に見る夢で、昔は節分の夜から立春の朝にかけて見る夢とされていたそうです

そして3茄子の続きですが、

「4扇」

扇は末広がりを意味しています

「5煙草」

「煙草」は酒とともに、祭りや祝い事など、人々が集う席には欠かせません。座の雰囲気を盛り上げたり、和ませたりするからです。

また、煙草の煙は上に上がるから縁起が良いとする説もあります。

「6座頭」

「座頭」とは、琵琶法師の座に所属する剃髪した盲人のことを言い、『毛が無い』ことが転じて『怪我が無い』という縁起が良い意味に取れると言います。

ちなみに、1富士2鷹3茄子と4扇5煙草6座頭はお互いに対応しており、

『富士』と『扇』は(形が)末広がりで子孫や商売の反映を意味。

『鷹』と『煙草の煙』は上昇して行くので運気上昇を意味。

『茄子』と『座頭』は二つとも『毛が無い』ことから『怪我が無い』と家内安全を意味しており、お互いに対応しているという説もあります。

よくできていますよね