皆さんおはようございます☀️
毎度つるかめをご利用頂きましてありがとうございます

さて、今日はお店の名前でもある
「鶴」と「亀」
についてのお話です(・∀・)つ

「鶴」と「亀」は、「鶴は千年、亀は万年」と言われ、めでたいものの1つとされています
image

では、なぜ鶴と亀は縁起がいいのか?
ちょっと気になって調べてみました。

おめでたい鳥の鶴と、おめでたい動物の亀を取り合わせた「鶴亀」という言葉や、その姿を図形化したものは婚礼の儀式をはじめ、「おめでたい」セレモニーには欠かせない縁起物として、様々な場面に取り入れられ珍重されています


image
古くは「たず」と呼ばれ、平安時代以降に「鶴」と呼ばれるようになったようです。
古来より「鶴は千年」といわれ「長寿を象徴する吉祥の鳥」として、また夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから「夫婦鶴=めおとづる」といわれて「仲良きことの象徴」の鳥として、鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから「天に届く=天上界に通ずる鳥」といわれるなど、民衆の間に「めでたい鳥」として尊ばれてきました


image
浦島太郎の話では龍宮城の使いとされていますが、古い中国では仙人が住む不老長寿の地として信じられた逢莱山の使いとされ、大変めでたい動物とされていたようです。
日本においても「亀は万年」と言われて、鶴とともに「長寿を象徴する吉祥の動物」とされ、めでたい生き物として尊ばれています。また、甲羅の紋様の六角形は吉兆を表す図形ともされています。


実際の寿命は、

亀は100年以上長生きする種類(象亀など)がいるようですが、鶴はそんなに長生きはしません。
種類にもよりますが20-30年(鶴),30-50年(亀)程度です。

ジュウシマツが長くて3年、烏で10年位なので鳥としてはかなり長生きです
特に鶴の寿命に関しては、まだまだはっきりしたデータはないそうです。

これは、仮に江戸時代の感覚でいけば、平均寿命の半分、人によってはそれ以上生きる生き物なわけですから「長生き」のイメージができたのではないでしょうか。
古代中国で鶴亀を長寿と繁栄の象徴としたのが日本に伝わったそうです。
冬に去り春に再来するのを見て再生(=不死,長寿)を連想したのでしょう

亀は中国でも知恵と長生きの象徴だし、鶴だって、夫婦で添い遂げる仲の良さは人間にとってもうらやましい限り
鶴は鳥類で唯一、ヒマラヤ山脈を飛び越せる能力があることから霊鳥とされ、その細い姿が仙人と通ずるなど道教などの宗教と共にもたらされた考えでしょう。

浦島太郎には玉手箱を開けて老人となり最後は鶴に姿を変えて飛んでいったという結末もあります。
亀はその硬い甲羅を持つことから、世界を支えているという伝説がインド、ギリシャなどにあり、不動のものの象徴です。
また、風水・陰陽道では北の玄武(亀)、南の朱雀(鳥)が陰陽の極みで、これに対応する実在の動物として亀、鶴が使われたのかもしれません。
image

高松塚古墳とかの壁画でも玄武、朱雀などが確認されているようです。

千羽鶴を折るのも「鶴は千年」の言い伝えからきている習慣だそうです。1羽、折るごとに、1年長生きできると考えられていたそうですよ
「鶴髪(かくはつ)」=「鶴の羽のように真っ白な髪。白髪(しらが)」たとえ。長寿であること。
という言葉もあるそうです

調べていくといろんな説や言い伝えがあって面白いですね〜

今夜もつるかめで美味しいお肉を食べて長生きしましょう