皆さんこんばんは〜
昨日錦糸町について少しお話ししましたが、東京都墨田区に江戸時代ころから
伝承される怪談を皆さんにもお話ししますね


江戸時代
の頃の本所付近は水路が多く、多くの魚が生息していた。
ある日、仲の良い町人たちが錦糸町あたりの堀で釣り糸を垂れたところ、非常によく釣れた。
夕暮れになり気を良くして魚を帰ろうとすると、堀の中から「置いていけぇ」という
恐ろしい声がしたので、恐怖に駆られて逃げ帰った。
家に着いて恐る恐る魚籠を覗くと、あれほど釣れた魚が一匹も入っていなかった

image

この噺には他にも

「現場に魚籠を捨てて逃げ帰り、暫くして仲間と一緒に現場に戻ったら魚籠の中は空だった」

「自分はすぐに魚籠を堀に投げて逃げたが、友人は魚籠を持ったまま逃げようとしたところ、
水の中から手が伸びてきて友人を堀に引きずり込んで殺してしまった」

「釣り人以外にも、魚を持って堀を通りかかった人が魚を奪われた


「声を無視していると金縛り
に遭った

などの派生した物語があります

なお、
東京の堀切駅近くの地にもかつて置いてけ堀と呼ばれる池があり、
ここで魚を釣った際には3匹逃がすと無事に帰ることができるが、
魚を逃がさないと道に迷って帰れなくなったり、釣った魚をすべて取り返されたりするといい、
千住七不思議の一つとされた。

また埼玉県川越地方にも「置いてけ堀」という場所があり、
やはり魚が多く釣れるにもかかわらず、帰ろうとすると
「置いてけ、置いてけ」との声が魚を返すまで続いたという。

とまぁこんな感じのお話しです
まだまだ、いろんなエピソードがありますのでおたのしみに