皆さんこんばんはー
毎度ありがとうございます 

今日は皆さんも大好きな「牛タン」を部位別に見ていきましょう

タンは大きく分けると、4箇所あるんです
image

タン元
この部位はタンの根元(喉に近い部分)の部位で名称は違えど全て同じ部位です

一般的には上タンと呼ばれている事が多いかと思います
お店によっては上タンの上位互換として特上タンやタン芯、タンカルビなどと呼ぶ店もあります。
タン先は脂肪が少なく根元に向かうほど脂がのっているので、この上タンは脂が非常ノリがよく、
とても人気の部位です
 

タン中央

焼肉屋でタンを頼むと出てくるのがこの部位です
一般的に出回っている部位でメニューには普通に「牛たん」と表記されています
また、タンは外側が硬く、真ん中の部位は柔らかくなっています


タン下
タンサガリとも呼ばれる部位ですが、舌の根っこ(下側)の部分を指します
人間の舌の部分で見てみてもそうですが、筋の部分なので少し硬いですが、
弾力があり食感も楽しめます
料金も安いので、多くの方がリピートする隠れ部位的な存在です


タン先

牛タンの中でもタン先は硬い部位です
牛タンは根元にいくにつれて脂がのっていくので、先端の部分は脂肪が少なく
タンの中では1番硬い部位です
焼肉ではアカタンとして提供しています
赤身のタンなので、ヘルシーで美味しいとこちらも人気があります
他にも多くはタンシチューやタンカレー、それに牛タンハンバーグやタン煮込みなどで
使われることが多いです 

タン一つをとってもこんなに種類があるんです
あなたはどこがお気に入りですか??